【この記事を読むと分かること】

1.頬骨削りはどのようなお客様に向いているか。

2. 頬骨削り手術後の腫れの経過

【症例写真】頬骨削り|アーチ・インフラクチャー&ボディ削り|奥田院長執刀

アーチ・インフラクチャーとボディ削り

カウンセラーさて、本日は「頬骨削り」の症例写真をご覧いただきます。

頬骨削りは「アーチ・インフラクチャー」と「ボディ削り」の2つのステップで行われます。

(手術の方法については、こちらのページで詳しくご説明していますので、ご興味あればご覧ください。)

アーチ・インフラクチャー法を用いて、頬骨のトップ〜サイドの突出を内側へ引っ込めて、その後ボディ(頬骨体部)を削って全体的なバランスを整えていきます。

こちらのコラムでは、「頬骨削りの術後の腫れの経過」について、そして 「どのようなお客様が頬骨削りに向いているか」をご説明いたします。

まずは、頬骨削り手術(アーチ・インフラクチャー&ボディ削り)の Before → After の写真をご覧ください。

頬骨削り|アーチ・インフラクチャー&ボディ削り|正面

Before(術前)
0511_%e6%ad%a3%e9%9d%a2
After(術後2ヶ月半)
 2-5month2

頬骨削り|アーチ・インフラクチャー&ボディ削り|正面・煽り

Before(術前)
0511_%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e3%81%82%e3%81%8a%e3%82%8a
After(術後2ヶ月半)
 2-5month

頬骨削り|アーチ・インフラクチャー&ボディ削り|斜め

Before(術前)
 0511_%e5%8f%b3%e6%96%9c%e3%82%81
After(術後2ヶ月半)
 2-5month3

頬骨削り|アーチ・インフラクチャー&ボディ削り|斜め・煽り

Before(術前)
0511_%e5%8f%b3%e6%96%9c%e3%82%81%e3%81%82%e3%81%8a%e3%82%8a
After(術後2ヶ月半)
 2-5month4

頬骨削り手術|どのようなお客様に向いているか

奥田宗央院長こちらのお客様のお悩みは、「正面からみたときに頬骨が張っていてフェイスラインがゴツゴツして見える」「斜めから見たときの頬骨の突出が気になる」でした。

こちらのお客様のように、頬骨の突出により頬っぺた(頬骨の下側)がややこけたように見えるフェイスラインの改善に、頬骨削り手術は効果的です。

アーチ・インフラクチャー法で、頬骨のトップ〜サイドが内側へ移動していくことによって、頬がこけた感じは解消されます。

ですから、頬骨削りは、お顔の脂肪が少なくて、皮膚の外側から骨格がはっきりと見えるお客様に向いています。

一方、脂肪の量が多い「ぽっちゃりタイプ」の場合は、頬骨削りを行うことによって、かえって頬っぺたのボリュームが強調されて「下膨れ」に見えてしまうこともあるので、手術を行うかどうか慎重に検討すべきです。

軽度のぽっちゃりタイプであれば、頬骨削りと同時に、頬の脂肪吸引やバッカルファット除去を行うことによって、ポッチャリ感が強調されずに済むケースもあります。

ご自分が頬骨削り手術に向いているかどうか、ご自分での判断は難しいので、どうぞお気軽に銀座フェイスクリニックの無料カウンセリングへお越しください。

頬骨削り手術|術後の腫れの経過

こちらのお客様の、術前→手術翌日→7日後→1ヶ月後→2ヶ月半後の経過写真をご覧いただきながら、頬骨削り手術後の腫れの経過を説明いたします。

術前 手術翌日
0511_%e6%ad%a3%e9%9d%a2 day1_%e6%ad%a3%e9%9d%a2
術後7日目 術後1ヶ月
day7_%e6%ad%a3%e9%9d%a2 1month_%e6%ad%a3%e9%9d%a2
術後2ヶ月後半
2-5month2

pixta_6491403-7 のコピー頬骨削り手術の腫れのピークは、術後3〜4日間です。

手術当日や翌日よりも、術後3日目くらいの方が、浮腫みも加わって腫れが強調されるケースが多いです。

腫れの程度は、一般的に エラ削りや顎削りなど下顎骨の腫れと比べると軽度にはなりますが、とはいえ外から見て明らかに分かる程度には腫れてしまいます。

ピークを過ぎると、日ごとに少しずつ腫れは引いていきます。

術後7日目くらいだと、ピーク時と比べると腫れはかなり軽快しますが、まだまだマスクをはずと目立つレベルです。

頬骨の手術の場合、時間経過とともに少しずつ腫れがお顔の下の方へ下がってくるので、こちらのお客様のように経過中に下膨れに見えることも珍しくありません。

その後、術後10〜14日目くらいになると、見た目の腫れはほとんど目立たなくなって、マスクを外せるくらいになります。

術後1ヶ月目での完成度は、まだまだ70%といったところです。

頬骨削りを行うと、頬骨が小さくなったぶん皮膚の余りが出ますので、小さくなった骨めがけて皮膚が少しずつフィットするのに3ヶ月ほど要します。

お客様のなかにはフィットがなかなか進まず、術後に頬のたるみやポッチャリ感が気になるケースもあります。

ただし、術後3ヶ月〜半年くらいかけて皮膚のコンディションは少しずつ変わっていきますので、焦らずに少なくとも術後3ヶ月くらい経過を見ることも大切です。

頬骨削りの価格表

通常価格 1,398,000
目隠しモニター価格 1,198,000
全顔モニター価格 698,000
(動画 OK なら598,000 円)
全身麻酔 150,000円
術前検査 CT検査
30,000円
血液検査
15,000円

* 表示価格は税抜きです。
(別途、消費税がかかります。)

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
ご相談内容
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)