【この記事を読むと分かること】

1. Eラインについて

2. 上下セットバックの腫れの経過

【症例写真】上下セットバック(ASO)|お口元を下げる手術|奥田院長執刀

pixta_15227655_S のコピー 2本日は、お口元のこんもり感(上下顎前突:じょうげがくぜんとつ)に対する「上下セットバック」の症例です。

上下セットバックとは、上下左右の4番目を抜歯してスペースを作り、前歯6本分の歯茎の骨を後ろに下げる手術です。

セットバックとは通称であり、正式には ASO(Anterior Semental Osteotomy:前方分節骨切り)と呼ばれます。

「分節」骨とは、全体ではなく「部分的(前歯6本分)に」下げる、という意味です。

セットバック(ASO)では、奥歯の噛み合わせは温存して、前歯6本分の歯茎の骨(歯槽骨:しそうこつ)だけを移動させるため、全体で動かす手術(Le Fort I + SSRO)と比べると、お客様の負担が軽くなることがメリットです。

逆にデメリットとしては、上下顎前突に対しては良い手術となりますが、受け口(下顎前突)は適応症例がかなり限られることです。(下顎前突は下顎骨全体が前方にずれている状態ですので、部分的に移動させるセットバックでは充分な改善が得られないことが多いです。)

セットバック(ASO)に関しての詳細は、こちらのページもご覧下さい。

pixta_15227655_S のコピー 3それでは、お口元のこんもり感に対して、上下セットバックを施行した症例の Before → After(術後19日目)をご覧ください。

なお、こちらのお客様の場合、術後のたるみやぽっちゃり感の出現を予防するために、セットバックと同時に、頬・顎下の脂肪吸引とバッカルファット除去をおこなっています。

上下セットバック+頬・顎下の脂肪吸引+バッカルファット除去|正面

Before(術前)
 before%e6%ad%a3%e9%9d%a2
After(術後19日目)
 day19%e6%ad%a3%e9%9d%a2

上下セットバック+頬・顎下の脂肪吸引+バッカルファット除去|斜め

Before(術前)
 before%e5%b7%a6%e6%96%9c%e3%82%81
After(術後19日目)
 day19%e5%b7%a6%e6%96%9c%e3%82%81

上下セットバック+頬・顎下の脂肪吸引+バッカルファット除去|側面

Before(術前)
 before%e5%8f%b3%e5%81%b4%e9%9d%a2
After(術後19日目)
 day19%e5%8f%b3%e5%81%b4%e9%9d%a2

上下セットバック|Eライン(きれいな横顔)をつくる手術

%e4%b8%8a%e4%b8%8bsb%ef%bc%88e%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%89

鼻・唇・顎先が一直線上に揃っている状態を「Eライン」といって、きれいな横顔の目安と言われています。

こちらの症例写真を用いて考察してみましょう。

術前(向かって左)の写真を見ると、鼻と唇を結ぶ線よりも後方に顎先があります。口元(歯茎の骨)の前突があると、相対的に顎先は後ろに引っ込んだように見えます。

術後(向かって右)の写真を見ると、歯茎の骨を後ろに下げたぶん顎先は前に出たように見えるので、鼻→唇→顎が直線上に揃うようになりました(Eライン)。

Eラインは、その他、エステティックラインやヴィーナスラインと呼ばれることもあるようです。

上下セットバック(ASO)|術後の腫れの経過

術後19日間の腫れの経過を写真でチェックしてみましょう。

こちらのお客様の場合、セットバックと同時に、頬・顎下の脂肪吸引およびバッカルファット除去をおこなっているため、セットバックを単独で行った場合と比べると、腫れの程度が強くなっています。

術前 術後1日目
before%e6%ad%a3%e9%9d%a2 day1%e6%ad%a3%e9%9d%a2
術後2日目 術後4日目
day2%e6%ad%a3%e9%9d%a2 day4%e6%ad%a3%e9%9d%a2
術後6日目 術後9日目
day6%e6%ad%a3%e9%9d%a2 day9%e6%ad%a3%e9%9d%a2
術後19日目
day19%e6%ad%a3%e9%9d%a2

セットバック手術後の腫れは、術後3~4日間がピークです。

手術当日や翌日よりも、術後3~4日目の方が浮腫みが加わって、腫れが増えたように見えるケースも少なくありません。

ピークを過ぎると日に日に腫れは軽快し、術後7〜10日ほど経つと、マスクを外してもそれほど目立たないレベルに落ち着きます。

術後2週〜1ヶ月くらいになると、腫れはほとんど分からなくなりますが、この時点での完成度はまだ70%といったところです。

骨切り・骨削り手術では、カットしたぶん骨が小さくなりますので、皮膚の余りが出ます。

小さくなった骨めがけて皮膚が引き締まるのに、3ヶ月〜半年ほど要しますので、術後はあせらずゆっくり経過をみましょう。

奥田院長コメント

奥田宗央院長上下セットバックの症例写真をご覧いただきながら、「Eライン」や「術後の腫れの経過」について、ご説明いたしました。

お口元のこんもり感がお悩みの場合、歯列の治療のみでは、充分なフェイスラインの変化が得られないことがあります。

抜歯して歯列矯正を受けた後では、セットバックは難しい場合が多いので、歯列矯正をスタートする前にぜひ一度、銀座フェイスクリニックの無料カウンセリングへお越しください。

骨の模型などもお見せしながら、手術の方法やメリット・デメリットについて、詳しくご説明させて頂きます。

上下セットバック|その他の症例写真まとめ

【症例写真】上下セットバック(ASO)|お口元のこんもり感を改善する手術|術後の腫れの経過

【症例写真】上下セットバック + 顎削り+ バッカルファット除去|口元を引っ込めて顎を短くする骨削り手術|術後11日間の腫れの経過

【症例写真】口元セットバック(ASO; 美しい横顔をつくる骨削り手術)術後1ヶ月目

【症例写真】上下セットバック(口元)

上下セットバックの価格表

所要時間 約2時間半
入院 不要
ダウンタイム 大きな腫れは
7〜10日程度
通常価格 上下セットバック
1,698,000円

上下セットバック+オトガイ削り
→ 1,998,000円

目隠しモニター価格 上下セットバック
1,298,000円

上下セットバック+オトガイ削り
→ 1,398,000円

全顔モニター価格 上下セットバック
898,000円
(動画OK 798,000 円)

上下セットバック+オトガイ削り
→ 998,000円
(動画OK 898,000 円)
麻酔方法 日帰り用全身麻酔
150,000円〜
必要な術前検査 CT
 30,000円
血液検査
 15,000円
術後の歯科治療 必須(別料金)

* 表示価格は税抜きです。
(別途、消費税がかかります。)

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
ご相談内容
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)