頬骨削りの症例写真(執刀:奥田宗央Dr)

【この記事を読むと分かること】

頬骨削り手術で、こけた頬が改善します。(頬骨削りは、どのようなフェイスラインに向いているのか。)

 手術内容

⬜︎ 頬骨削り(アーチ・インフラクチャー法 + 頬骨体部削り)

⬜︎ エラ削り(下顎角形成 + 外板削り)

Before(術前) After(術後3ヶ月)
頬骨症例写真・Before・正面 頬骨症例写真・After・正面
頬骨症例写真・Before・斜め 頬骨症例写真・After・斜め

奥田院長による症例の解説

輪郭のゴツゴツを改善したい。

奥田宗央院長こちらのお客様は、「頬骨とエラが出っ張っているため、頬がこけてみえてしまう」「輪郭がゴツゴツしているので、『女性らしい滑らかなフェイスライン』になりたい」とのお悩みで、小顔整形・輪郭整形を得意とする私奥田のカウンセリングへいらっしゃいました。

頬骨削りとエラ削りを同時に施行

手術のメリット・デメリットについてご説明させて頂いた結果、「頬骨削り」と「エラ削り」を同時に行う方針になりました。

頬骨削り|アーチインフラクチャー + ボディ削り

頬骨削りでは、アーチ・インフラクチャー法を用いて、トップから側方にかけての突出を改善し、それに合わせて体部(ボディ)をしっかり削って頬骨全体のボリュームを減らしました。

エラ削り|下顎角形成 + 外板削り

エラ削りでは、ご本人が気になさっていた下顎角(かがくかく)の出っ張りを切除してから(下顎角形成)、下顎骨を全体的に削って整えました。その際に、顎からエラにかけてのラインがナチュラルになるように、デザイン&カットさせて頂きました。

症例写真からの考察

After の写真を見ると、頬骨の突出が改善することによって頬がこけた感じがなくなり、滑らかな女性らしいフェイスラインになったことがお分かりになるかと思います。

こちらの症例写真のように、「頬骨の突出があるために頬がこけて見える方」や「斜めから見たときの頬骨の出っ張りが気になる方」にとって、頬骨削りはとても良い解決方法になります。

手術のメリットやデメリットについて詳しくお聞きになりたいお客さまは、ぜひ当院の無料カウンセリングへお越し下さい。

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

LINE@からのご予約

LINEの 🔍 @xft1406W を検索して、トークでメッセージを送ってください。

✴︎スマホのお客様はこちらをクリック→ line.me/R/ti/p/%40xft1406w

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
ご相談内容
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)

ご予約はこちら
友だち追加