エラ削り・顎削りなどの美容整形施術で小顔を目指すなら、東京の銀座フェイスクリニックへ。多くの施術経験をいかし、理想の輪郭を実現します。

MENU

ヒアルロン酸について

そもそもヒアルロン酸とは?|プチ整形の代名詞

「鼻にヒアルしてきた!」

「あの先生はヒアル上手」

といった具合に、プチ整形の代名詞とも言える「ヒアルロン酸」注入。

ヒアルロン酸注入って、いったいどのような施術なのでしょうか ^o^ ?

ヒアルロン酸は、皮膚の構成成分のひとつで、透明なゼリーのような形状をしています。

シワや大きな凹みなどが気になる場所に、

skin_01-02

ヒアルロン酸を注射することによって、

skin_02

下から皮膚を持ち上げるイメージですね。

skin_03

ですから、法令線などの大きなシワを薄く見せたり、あるいは私奥田が得意とするように、鼻を高くしたり顎をシュッと尖らせたり、フェイスラインを改善するために使われています。

ヒアルロン酸には色々な「タイプ」がありますが、銀座フェイスクリニックでは、以下のヒアルロン酸を厳選して採用しています。

ヒアルロン酸には2つの「タイプ」がある。

奥田宗央院長一言にヒアルロン酸といっても、色々な「タイプ」があります。

細かく分類していくとキリがありませんので、「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の2種類があると覚えて下さい。

ハードタイプのヒアルロン酸は、鼻や顎などしっかりカタチをつくりたい部位に注入します。

ソフトタイプのヒアルロン酸は、涙袋・目周り・唇など、繊細の部位に注入します。

注入する部位によって、ハードタイプとソフトタイプを使い分けていきます。

実際に銀座フェイスクリニックで取り扱っているヒアルロン酸をご紹介いたします。

ハードタイプのヒアルロン酸

標準タイプ|ジュビダームビスタ・ウルトラプラスXC

IMG_0532銀座フェイスクリニックで取り扱っているハードタイプのヒアルロン酸(標準タイプ)は、ボトックスでもお馴染みのアラガン社から発売されている「ジュビダームビスタ・ウルトラプラスXC」です。

ジュビダームビスタは、厚生労働省が認可している2種類のヒアルロン酸の1つですので、品質はまさに太鼓判つきです。

ハードタイプのヒアルロン酸は、鼻・顎・額・頬・こめかみ・ほうれい線など、様々な部位への注入に使用します。

2008年に発表された論文(Pinsky MA etal: Aestet Surg J28(1): 17-23, 2008)によると、9ヶ月後に84%、12ヶ月後でも75%のお客様が「効果が持続している」と評価したそうです。

また、ウルトラプラスXC の「XC」とはキシロカイン(リドカイン)という局所麻酔剤の略です。

ジュビダームビスタ・ウルトラプラスXC には、局所麻酔薬のパウダーがまぶしてありますので、注入に伴う痛みは最小限です。

2倍長持ちタイプ|ジュビダームビスタ・ボリューマXC

2016年12月12日、「ジュビダームビスタ・ボリューマXC」が厚生労働省に認可されて発売されました。

ボリューマXCは、ハードタイプのヒアルロン酸がさらに進化したものです。

バイクロス構造といって、高分子量のヒアルロン酸の間を充填するように低分子量のヒアルロン酸が含まれています。

そのために架橋(ロック)がしっかりしており、従来の2倍(最長24ヶ月)効果が持続します。

また、形状記憶力が高いため、標準的なハードタイプよりもさらに外側に流れにくく、きれいなカタチを長期間キープできるメリットがあります。

ボリューマXCは、従来のハードタイプがさらにグレードアップしたものと考えて頂けると良いかと思います。

とくに鼻や顎の形成においては、持続期間はもちろんのこと、とても自然できれいなカタチに仕上がりますので、自信を持ってオススメできるヒアルロン酸です。

ソフトタイプのヒアルロン酸

img_0635-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ソフトタイプのヒアルロン酸としては、同じく厚生労働省認可製剤「レスチレン」の親戚である「レスチレンビタールライト」を採用しています。

レスチレンビタールライトは、まるで液体のようにトロリと柔らかく、皮膚の浅層に打っても馴染みやすいため、唇・涙袋・目周り(まぶたや目の下)などデリケートな部位への注入に適しています。

ソフトタイプのヒアルロン酸を注入する場合には、後述の「マイクロカニューレ」を利用することで、内出血などのダメージを最小限に抑えて、クオリティを高めることが可能です。

また、レスチレンビタールライトには、スキンブースターという特殊な装置が付いています。

スキンブースターを ON にすると、0.01cc 単位でのマイクロインジェクション(ヒアルロン酸の微量注入)が可能です。

また、こちらのヒアルロン酸もリドカインという局所麻酔剤を含んでいるため、注入に伴う痛みは最小限です。

唇・涙袋・目周り(まぶたや目の下)などの繊細な部位の施術には、ベストなヒアルロン酸と言えるでしょう。

ヒアルロン酸をきれいに仕上げるコツ

注入前に丁寧にデザインすること

pixta_15227655_S のコピー 2

ヒアルロン酸に限らず、お注射系の施術のクオリティを高めるためには、注入前に丁寧に「デザインする」ことが大切です。

「そんなの当たり前でしょ!」と思いますよね^o^?

でも実際には、ほとんどデザインをせずに、いきなり注射を始めるドクターがいかに多いことか、、(-o-;)

とくに、若くて経験の浅いドクターで、その傾向が強いように見受けられます。

銀座フェイスクリニックでは、毎回しっかりデザインをしてからヒアルロン酸を注入するように徹底しています。

ヒアルロン酸を少量ずつ入れること

pixta_15227655_S のコピー1ヒアルロン酸を「きれいに」「ナチュラル」に仕上げるためには、一度にヒアルロン酸を「入れ過ぎない」ことが大切です。

ヒアルロン酸の種類によっては、なくなるまでに1年以上の月日がかかりますすので、入り過ぎてしまった場合には、お客様はしばらくの間とても苦労なさいます(-O-;)

ヒアルロン酸を一瞬で溶かしてしまう薬はあるのですが、一部だけ溶かすということは困難であり、注入した全てのヒアルロン酸が溶けてしまいます。

また、ヒアルロン酸を溶かす薬を注射すると、アレルギー症状が発生するリスクも報告されています。

ですから、当院では少量ずつヒアルロン酸を注入して、鏡を見てお客様に確認して頂きながら、足りなければ少しずつ足すようにしています^O^

マイクロカニューレを使用すること

マイクロカニューレ

マイクロカニューレとは、先端が丸く、竹のようにしなる特殊な針のことです。

マイクロカニューレを使用すれば、一定の深さにきれいにヒアルロン酸を注入することが可能です。

また内出血などのダメージを最小限度に減らすことが可能です。

唇・涙袋・目周りなどへソフトタイプのヒアルロン酸を注入するためには、マストアイテムと言えるでしょう^o^

なお、ハードタイプのヒアルロン酸を額・ほうれい線・頬などに注入する場合にも重宝しますが、鼻・顎・こめかみへのヒアルロン酸注入では、深部への注入になるので、通常マイクロカニューレは使用しません。

ヒアルロン酸注入量の目安

(鼻根部) 0.2~0.3cc
0.5〜2cc
おでこ 2cc〜
こめかみ 片側 0.5~2cc
ほうれい線 片側 0.2~2cc
涙袋(別料金) 0.1~0.3cc
(別料金) 片側 0.5~1cc

痛み対策

pixta_6491403-7 のコピー当院で取り扱っているヒアルロン酸は、いずれもキシロカイン(リドカイン)という局所麻酔薬を含んでいるため、痛みは最小限です。

また、銀座フェイスクリニックでは、お注射前のアイシングを徹底しています。

さらに、注射がキライな方や痛みに弱い方のために、オプションで笑気麻酔もご用意いたします。

笑気麻酔は鼻から吸うガスタイプの麻酔で、数分で効果が出ることと、ガスをストップすれば数分で効果が消失するため、安全性が高い麻酔です。

アイシングに加えて、笑気麻酔を利用することより、大幅な痛みの軽減が可能です。

奥田院長からのコメント

奥田宗央院長ヒアルロン酸の注入は、どこの美容クリニックでも行われています。

最近は、心療内科や歯科で行われるケースもあるようです。

ヒアルロン酸は、お客様にとってもドクターにとっても、安全で手軽なプチ整形というイメージがあるようです。

ただし、発生頻度がきわめて少ないとはいえ、万が一ヒアルロン酸の合併症が出現した場合には、とてつもなくミゼラブル(悲惨)になる危険性があることは、ご存知になっておくべきことです。

その一つが「血管塞栓(けっかんそくせん)」といって、ヒアルロン酸を血管内に打ち込んで詰まらせてしまうことにより、皮膚が黒く変色(壊死)してしまう現象です。

どんなに熟練したドクターでも、私たち人間の顔にはくまなく血管が走行していますので、ある一定の確率で起こしてしまう可能性があります。

しかし、顔面の血管走行をよく勉強し、丁寧にゆっくりヒアルロン酸を注入することによって、そのような合併症が発生するリスクは下げられます。

私たち銀座フェイスクリニックでは、お客様のご希望に基づいてデザインをしてから、ゆっくり丁寧にヒアルロン酸を注入していきます。

特に、フェイスラインの改善目的で鼻や顎のヒアルロン酸を受けるなら、小顔・輪郭整形のスペシャリストである私奥田にお任せください。

ヒアルロン酸注入の価格表(税別)

ヒアルロン酸注入(鼻・顎)|初回限定価格

標準タイプ
(約1年間持続)
3,900円 / 0.1cc
2倍長持ちタイプ
(約2年間持続)
5,900円 / 0.1cc

【注1】鼻・顎のみ 0.1 cc単位でご提供いたします。
【注2】その他部位への注入は 1 cc単位でご提供させて頂きます。
【注3】涙袋や唇は、下記「涙袋ヒアル」「唇ヒアル」のご料金となります。

涙袋ヒアルロン酸(マイクロカニューレ含む)

通常価格
34,800円
目元モニター価格 19,800円

* ご希望と状態に合わせて量を決めていきます。(平均0.1〜0.3cc)

唇ヒアルロン酸(マイクロカニューレ含む)

通常価格

ハーフ
(0.5cc)
24,800円
シングル
(1cc)
39,800円
シングルハーフ
(1.5cc)
59,800円
ダブル
(2cc)
79,000円

目隠しモニター

ハーフ
(0.5cc)
19,900円
シングル
(1cc)
31,900円
シングルハーフ
(1.5cc)
47,900円
ダブル
(2cc)
63,200円

全顔モニター

ハーフ
(0.5cc)
14,900円
シングル
(1cc)
23,900円
シングルハーフ
(1.5cc)
35,900円
ダブル
(2cc)
47,400円

オプション(希望者のみ)

笑気麻酔 2,000円
局所麻酔テープ 1,000円 / 1枚
マイクロカニューレ 2,000円 / 1本

* 上記以外に診察料などは一切かかりません。
* 当院は自由診療機関ですので健康保険証はお使いになれません。

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

LINE@からのご予約(24時間受付中)

LINEの 🔍 @xft1406W を検索して、トークでメッセージを送ってください。

✴︎スマホのお客様はこちらをクリック→ line.me/R/ti/p/%40xft1406w

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目を入力して「送信」ボタンを押してください。

➡︎ スマホ・携帯の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定により、こちらからのメールが届かないことがあります。
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com)もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

ご性別 (必須) *当院は女性のお客様専用です。
女性

当院受診歴 (必須)
初診再診

ご相談内容(複数回答可) (必須)
おでこのヒアルロン酸こめかみのヒアルロン酸鼻のヒアルロン酸顎のヒアルロン酸ほうれい線のヒアルロン酸涙袋ヒアルロン酸(別料金)唇のヒアルロン酸(別料金)その他部位へのヒアルロン酸注入

ご希望時刻(複数回答可) (必須)
11:0011:3012:0012:3013:0013:3014:0014:3015:0015:3016:0016:3017:0017:3018:0018:3019:00

小顔整形・輪郭整形専門のクリニック

クリニックDATA
クリニック名称 銀座フェイスクリニック
診療科 美容外科・美容皮膚科
診療内容 【小顔・輪郭整形】
■ 骨切り・骨削り手術 (エラ削り・顎削り・Vライン形成・頬骨削り・口元のセットバック)
■ 頬や顎下の脂肪吸引
■ バッカルファット除去
■ 脂肪溶解注射(BNLS)
■ 咬筋縮小注射
■ ヒアルロン酸注入
■ 糸のリフト(スレッドリフト)
■ 医療レーザー脱毛(MesioStar NextPro)
住所 〒104-0061 中央区銀座7-11-6 GINZA ISONOビル 4F
最寄駅 銀座駅・東銀座駅・新橋駅
電話番号 03-6274-6309 (診療日の11〜20時)
定休日 不定休

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-6309 お電話受付 11:00 - 20:00 [不定休]

友だち追加

小顔・輪郭コラム

続きを表示

医療レーザー脱毛専用サイト

症例写真集

PAGETOP
Copyright © 銀座フェイスクリニック All Rights Reserved.