エラ削り・顎削りなどの美容整形施術で小顔を目指すなら、東京の銀座フェイスクリニックへ。多くの施術経験をいかし、理想の輪郭を実現します。

MENU

痛みMAX軽減

「痛みMAX軽減」のトップ画像

奥田宗央院長の写真銀座フェイスクリニック(東京都中央区銀座7-11-6)では、施術にともなう「痛み」の軽減に真剣に取り組んでいます。

なぜならば、院長の僕(奥田)自身が「痛みに弱い」からです。笑

施術に伴う痛みをなるだけ軽減できるように、当院では下記に示すような様々な工夫をしています^o^

笑気麻酔(PSYCHORICH T-70)

笑気麻酔の写真こちらのロボットみたいな機械は「PSYCHORICH T-70」といいます。

こちらの機械から出てくる、酸素と笑気を混ぜ合わせた「笑気麻酔」を吸いながら施術を受けて頂くと、お客様の痛みや恐さを大幅に減らすことができます。

安全性の高い麻酔ですので、大きな病院だけでなく、街の歯医者さんでもよく利用されています。

ガスを吸っている間だけ、まるでお酒を飲んだときのように、ふわーっと浮くような感じになります。

その間、少し愉快な気分になる方もいらっしゃるようで、「笑気」という名前が付いたようです。

僕(奥田)はとても痛がりなので、ちょっとしたお注射を受ける際にも、笑気ガスを利用しています。

痛みが苦手な方や怖がりな方は、笑気麻酔を利用すると、かなり楽に施術を受けられるようになります。

ちなみに、笑気を用いる際には、ドクターやナースから「お酒は強いですか?弱いですか?」とご質問させて頂きます。

なぜならば、お酒が強いお客さまでは笑気は効きにくく、弱いお客さまでは笑気が効きやすい、という傾向があるからです。

「以前に笑気ガスを吸って気持ちが悪くなったことがある」と仰るお客さまもいらっしゃいますが、それは笑気麻酔が悪いわけではなく、きっと笑気麻酔の設定濃度が強すぎたからだと思います。

銀座フェイスクリニックでは、おひとりおひとりに合わせて笑気麻酔の濃度を最適なレベルにコントロールいたしますので、どうぞご安心ください。

局所麻酔クリーム

局所麻酔クリームの写真

銀座フェイスクリニックでは、局所麻酔クリームを用意しています。

主に、水光注射などお顔の広い範囲をターゲットにする施術で利用します。

局所麻酔クリームを塗って30分くらい経つと、少しずつお肌がピリピリとしてきます。

クリームに含まれている麻酔薬が効き始めた証拠です。

単独でお使いになることも、笑気麻酔と併用することも可能です。

局所麻酔テープ

局所麻酔テープの写真例えば涙袋のヒアルロン酸のように、お注射する部位が限られた範囲に絞られている場合は、局所麻酔テープを使用します。

お注射したい場所に貼っておくと、30分くらいするとピリピリと麻酔薬が効き始めます。

1枚が 5 x 3cm の大きさですので、2つにカットして左右に分けて貼ることも出来ます。

【番外編】マジックニードル(マイクロカニューレ)

マイクロカニューレの写真

さて、お次にご紹介するのは、痛みの対策とは直接関係がありませんが、「マジックニードル(マイクロカニューレ)」という便利な針です。

このマジックニードル、その名前が示す通り、普通の針とはちょっと違うのです。

針って普通は先端が尖っていますよね?

このマジックニードル(マイクロカニューレ)は、先端が丸くなっており、尖っていません。

ですから、マジックニードルは皮膚に刺さらないので、普通の針で1箇所だけ入り口をつけてあげて、その針穴からマジックニードルを挿入します。

すると、針穴からマイクロカニューレが届く範囲内であれば、BNLSやヒアルロン酸などをターゲットエリア内に均一に注入することができます。

通常の針のみでお注射する場合との違いとしては、何回もターゲットエリアを刺す必要がなくなり、またマジックニードルは先端が丸いので皮下組織の損傷が数なく、腫れと内出血が最低限になります。

同時に、ターゲットとする深さ(皮下)に正確にBNLSやヒアルロン酸を注入できますので、お注射のクオリティも高めることが可能です。

シリンジポンプ x 3

シリンジポンプの写真

お次はこちら、TERUMO の「シリンジポンプ」という機械をご紹介します。

医療の現場では、例えば1時間あたり0.5cc といった具合に、とても微量の薬を正確に持続投与しなければならない場合があります。

もちろん手動では不可能ですので、このシリンジポンプを利用します。

シリンジポンプを用いれば、指定した投与量で、薬液を正確に体内に注入することが可能になります。

全身麻酔やその他の静脈麻酔をかける際には、こちらのシリンジポンプが大活躍してくれます。

銀座フェイスクリニックでは、3台のシリンジポンプを常備しています。

もちろん全身麻酔も対応可能です。

全身麻酔器の写真

骨削り手術は、安全とクオリティ確保のため、必ず全身麻酔下に行います。

その他の手術でも、痛みに弱いお客様の強いご希望があれば、全身麻酔にてお受けになることも可能です。

全身麻酔をかければ、手術中の意識と痛みは一切感じなくなります。

しかも術中は、麻酔科ドクターの投薬により、血圧・脈拍数などのバイタルサインをベストコンディションに維持することができます。

銀座フェイスクリニックでは、安全対策のため、全身麻酔をかける際には必ず専任の麻酔科ドクターに担当してもらうので、ご安心ください。

一番大切なのは「真心」です。

保冷剤の写真

以上、色々と銀座フェイスクリニックの「痛み対策」をご紹介いたしました。

しかし、一番大切なのは、「お客さまの痛みを少しでも軽くして差し上げよう」というドクター・スタッフの「真心」です。

例えば、お注射前の「アイシング」。(写真は当院でアイシングに用いる保冷剤です。)

きわめて原始的ではありますが、痛みを軽減するためには、確実に有効な手段です。

しかし、「早くご予約を回したい」「単価が低いお注射なので、さっさと終わらせたい」などといったクリニック側の都合で、十分なアイシングをしないクリニックもあるそうです、

そういったクリニックの皆さま方に尋ねたい質問があります。

「あなたの大切なお友達やご親戚だったとしても、同じようにしますか?」と。

道具はとっても便利ですから、便利な道具をなるだけ揃えておくのはクリニックの務めです。

でも、一番大切なのはマシンではなく「真心」、私たちはそう考えています。

以上、銀座フェイスクリニックには、「痛みの軽減」に真剣に取り組んでいます。

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

LINE@からのご予約

銀座フェイスクリニックのLINE@QRコードLINEの 🔍 @xft1406W を検索して、トークでメッセージを送ってください。

✴︎スマホのお客様はこちらをクリック→ line.me/R/ti/p/%40xft1406w

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。(その場合、せっかくフォーム送信して頂いても、こちらからの返信が届きません!)
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
ご来院回数
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
無料カウンセリング予約
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)

小顔整形・輪郭整形専門のクリニック

クリニックDATA
クリニック名称 銀座フェイスクリニック
診療科 美容外科・美容皮膚科
診療内容 【小顔・輪郭整形】
■ 骨切り・骨削り手術 (エラ削り・顎削り・Vライン形成・頬骨削り・口元のセットバック)
■ 頬や顎下の脂肪吸引
■ バッカルファット除去
■ 脂肪溶解注射(BNLS)
■ 咬筋縮小注射
■ ヒアルロン酸注入
■ 糸のリフト(スレッドリフト)
■ 医療レーザー脱毛(MesioStar NextPro)
住所 〒104-0061 中央区銀座7-11-6 GINZA ISONOビル 4F
最寄駅 銀座駅・東銀座駅・新橋駅
電話番号 03-6274-6309 (診療日の11〜20時)
定休日 不定休

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-6309 お電話受付 11:00 - 20:00 [不定休]

友だち追加

小顔・輪郭コラム

続きを表示

医療レーザー脱毛専用サイト

症例写真集

PAGETOP
Copyright © 銀座フェイスクリニック All Rights Reserved.