【検証】エラ削りで正面顔が細くならない理由|CT画像からの考察

エラ削りは「万能」な手術ではありません。

pixta_6491403-7 のコピーエラ削りは、エラの張りに悩んでいるお客様にとって、とても素晴らしい手術だと思いますが、決して「万能」な手術ではありません。

カウンセリングをしていると、「顔を小さくしたければ、とにかく骨を切れば良い」と考えているお客様が少なくないようです。

骨切り・骨削り手術というとダイナミックなイメージがあるせいでしょうか。

ただし残念ながら、エラ削り(下顎角形成 + 外板削り)を単独でおこなっても、正面顔はほとんど小さくなって見えません。

むしろ、正面顔を細く見せたい場合、頬の脂肪吸引やバッカルファット除去、あるいは咬筋縮小注射(エラボトックス)の方がエラ削り手術よりも有効です。

カウンセリングでその旨をお伝えしても、エラ削りに対する期待度が大きいせいか、なかなかお客様の腑には落ちないようです。

そこで本日は、実際のCT画像をご覧に入れながら、この件について検証していきましょう。

CT画像から分かること

ct_inspectionCT撮影をすると、ご覧のように「お顔を輪切りにしたような写真」を見ることができます。

写真の上方が体の前方(歯)、下方が後方(後頭部)になります。

ご覧いただいている写真は、下の歯の高さで輪切りにしたカットです。

白く写っているのが骨です。

左右一対の赤い線で、下顎骨の外側をマーキングしてみました。

正面からみたときには、下顎骨の幅 = 2本の赤線の距離(幅)になります。

一方、左右一対の黄色い線は、ほっぺたの皮膚の位置をマーキングしています。

正面顔の幅 = 2本の黄色線の距離(幅)です。

黄色い線と赤い線の幅の違いは明らかです。

つまり、正面顔の幅を決めるのは、下顎骨ではなく、下顎骨の上に乗っている脂肪や筋肉なのです。

正面顔を細くするには脂肪や筋肉を減らすと良い。

ct_inspection%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc黄色い線と赤い線の間をご覧いただくと、もやがかかったような黒色部分と、灰色の部分とがあります。

もやがかかった黒い部分は脂肪で、灰色の部分は筋肉(咬筋)です。

正面顔を細くするためには、この脂肪と筋肉を減らす必要があります。

脂肪を減らすためには、脂肪吸引(浅い脂肪)やバッカルファット除去(深い脂肪)を行います。

筋肉を減らすためには、咬筋縮小注射(エラボトックス)を打ちます。

まとめ

奥田宗央院長

エラ削りは「エラのかたち(張り)」で悩んでいるお客様にとって素晴らしい手術ですが、正面顔を細くするためには、エラ削りを単独で行っても効果が少ないので、頬の脂肪吸引やバッカルファット除去、咬筋縮小注射を併用すべきです。

つまり、小顔・輪郭整形をプランニングするときには、骨・筋肉・バッカルファット・皮下脂肪といった各組織のバランスを考慮に入れるべきです。

骨格から軟部組織まで、トータルバランスを重視した小顔・輪郭整形をご希望なさるお客様は、どうぞお気軽に「銀座フェイスクリニック」へお越しください。

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。(その場合、せっかくフォーム送信して頂いても、こちらからの返信が届きません!)
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
ご来院回数
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
無料カウンセリング予約
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)