私の全てを注ぎ込んだ小顔・輪郭クリニック

03.待合-3当院は、小顔整形・輪郭整形に人生をかけてきた私奥田の「全て」を注ぎ込んだクリニック です。

クリニックの開設にあたっては、「開設地の選定」「診療内容の決定」「内装デザインの方向性」「使用医療機材や薬品の選択」「ホームページの構築」「役所の手続き」など、それこそ「BGM のチョイス」に至るまで、全てをひとつひとつ自分自身でチェックしながら進めてきました。

「専任のコンサルタントさんをつけずに開設しました」というと、私たちの業界ではちょっと驚かれるのですが(笑)、私は都内最大手のクリニック(湘南美容外科)で、副総括院長としてグループのマネジメントに携わってきた経験がありましたので、100% 自分の想いを表現したクリニックを創るために、面倒な作業や細かい作業も含めて、全てを自分自身で行うことにしました!

この「開院までの道のり」のコーナーでは、クリニック開設までの経過をお伝えすることによって、このクリニックに寄せる私奥田の熱い想いを皆さま方に伝えられたら幸いです^o^!

(近い将来、開院を視野に入れているドクターの皆さま方にも、良質な情報となることでしょう。)

開設地の選定

さて、クリニックの開設の第一歩は、「開設地の選定」です。

一般保険診療であれば、まずは診療圏調査といって、開業予定地に自分のクリニック(診療科)が入り込めそうか否かを調べていきますが、僕は全く調査をおこないませんでした。

なぜかというと、美容医療は病気やケガの治療とは異なりますので、診療圏調査という考え方はあまり参考にならないと思っていたからです。

美容医療において大切なことは、建物がキレイであること、そして便利な場所にあること、です。

都内の一等地にあるビルでも、年中ゴキブリが動き回っているところでは、お客さまが落ち着いて美容医療を受けられるはずはありません。笑

かといって、家賃が安くてきれいなビルだったとしても、私のお客さまはインターネットで検索して、北海道〜沖縄、それこそ国外からも来院なさることがありますので、都心からのアクセスが良くなければ、お客さまにご負担をかけてしまうことになります。

大好きなスポーツジム通いをガマンして(笑)、お休みのたびに時間の許す限り、東京都内のビルを内見して回りました。1日10件なんていうのは、ザラでしたよ!

手術と一緒で、少なくとも 100 件は見て回らないと、良い物件には巡り合えないと思っていましたので。

物件を見回るにあたっては、前クリニックの相川総括院長に付き添って、一緒にクリニックの候補物件を回ったときの経験が良いヒントになりました。

特に水回りなどについては、腕の良い職人さんでも、どうにもしようがないことがあります。

それとお客さまの動線がしっかりとれる物件であるかどうか、です。

スタッフにはそれほど気にならないことであっても、緊張してクリニックを訪れるお客さまにとっては大きなストレスになることがあります。

お客さまにとってもスタッフにとっても良い動線のクリニック、クリニックの候補物件がそのような良い動線をとれる構造か否か。

そのような視点を持ちながら、各物件を回るなかで、一度表参道の駅前に良い物件を見つけました。

「キターーーーー!!!!」と思って、即入居申し込みをかけましたが、そこのビルでは「美容皮膚科だけなら良いけど美容外科もやるならダメ」という何だか良く分からない理由で入居を断られてしまいました(-o-;)笑

さすがに一瞬はガッカリしましたが、内見を続けているうちにさらに素晴らしい物件に出会えたわけですから、これも美容の女神様の思し召しかもしれません!?

美容外科の聖地 =「銀座」

IMG_4847僕が入居した GINZA ISONO ビル は、2015年末に出来上がったばかりの新築のビルであり、僕が内見したときにはまだ他のテナントさんも入居していない状況でした。

松坂屋再開発地域のすぐ近くにあり(銀座七丁目)、しかも大通りには面しておらず、少し裏側に入ったところにあります。(中央通りから昭和通り側に3本目の通りです。)

美容医療には、どうしてもダウンタイム(術後の腫れや内出血)が伴いますので、アクセスが便利であることは前提として、あまり人通りが多いところより、少し裏に入ったビルの方が、お客さまも周囲の目を気にせず出入りしやすいでしょう。

しかも、銀座にありますから、お買い物がてらクリニックへいらっしゃることも出来て、お客さまの貴重な時間を必要以上に浪費させてしまうこともありません。

「表参道のビル、断られて良かった〜」と喜んだ僕は、ほんと楽天的ですよね♪ 笑

新築の綺麗なビル

IMG_5070立地が良いことに加えて、新築であることもキレイ好きな僕にとって大きなポイントになりました。

僕が得意とする小顔整形・輪郭整形は、お客さまにとっては、まさに清水の舞台から飛び降りるように大きな大きなイベントでしょう。

お客さまがその大きなイベントを迎えるにあたって、「このクリニックなら大丈夫だワ」と思って頂けるような清潔感あふれるクリニックを用意することは、外科医としての僕のおもてなしのひとつだと確信していました。

聞くところによると、銀座には美容クリニックが67件があるそうで、「そんなところで開業して大丈夫なの?」という心配のお声も頂きましたが、むしろ僕ににとって銀座は最高な立地であると思いました。

もともと僕は、利害関係にとらわれず周りのみんなと楽しく共存共栄していく方が好きですし、業界の諸先輩方をリスペクトしています。もちろん、同級生や後輩のみんなも大好きです。

そして、私奥田のライフワークとも言える骨切り・骨削り手術は、美容外科のなかでも特殊な手術ですので、全ての美容クリニックで行っているわけではありません。

ですから、銀座にある他院のカウンセリングにお出かけになるついでに、輪郭やフェイスラインのお悩みがあれば、ついでに私のクリニックにも立ち寄って頂くようにしたら、お客さまにとっては便利だろうなーと考えました。

そのようなわけで今の物件に決めました!

次回も乞うご期待 !!

IMG_4852次回からは、入居したばかりの物件が少しずつクリニックへ変わっていく様子をお伝えいたします。

エラ・顎・頬骨・口元のかたちにお悩みがあって、骨格レベルでの施術を検討なさっているお客さまは、どうぞ「まずはお話だけで全く構いません」ので、お気軽に 小顔整形・輪郭整形専門の銀座フェイスクリニック へお越しください。

スタッフ一同、クリニックでお待ちしています!

 

 

 

“Give smile and happiness to the world”

銀座フェイスクリニック・院長 奥田宗央