【本日のご質問】

「頬の脂肪吸引とバッカルファット除去の違いを教えて下さい。」

【回答】ターゲットとする脂肪が違います。|皮下脂肪とバッカルファット

頬っぺたにある2種類の脂肪

pixta_6491403-7 のコピー頬っぺたには、2種類の脂肪があります。

浅いところ(皮膚のすぐ裏側)にある脂肪が「皮下脂肪」、深いところにある脂肪が「バッカルファット」です。

そして、皮下脂肪を減らす手術が「頬の脂肪吸引」であり、バッカルファットを減らす手術が「バッカルファット除去」です。

それぞれの手術の違いを表にまとめてみました。

脂肪吸引とバッカルファット除去の違い

頬の脂肪吸引 バッカルファット除去
耳の裏側のくびれを5mm切開
(1週間後に抜糸)
口の中を3~4mm切開
(溶ける糸なので抜糸不要)
ダウンタイムは1週間。
(腫れと内出血が目立つ。)
ダウンタイムは3〜4日間。
(浮腫み程度で内出血は目立たない。)
皮膚の引き締め効果が期待できる。 皮膚の引き締め効果は出しにくい。
手術時間 / 約30分 手術時間 / 約15分
お顔の外側よりの効果が大きい。 お顔の内側よりの効果が大きい。

どちらの手術を選択すべきか

現在のフェイスラインの状態や、希望する変化によって、頬の脂肪吸引とバッカルファット除去のどちらを選ぶべきかは自ずと決まってきます。

もちろん、2つの手術を同時に行うことも珍しくありません。

ご自身で方針を決めるのは難しいので、まずはお気軽に、東京銀座の小顔・輪郭整形「銀座フェイスクリニック」の無料カウンセリングへお越しください。

手術がどうしても怖いという場合は、手術の代わりに脂肪溶解注射(BNLS)をご案内することも可能です^o^

症例写真|脂肪吸引・バッカルファット

脂肪吸引の症例写真

【症例写真】頬+顎下の脂肪吸引

バッカルファット除去の症例写真

【症例写真】バッカルファット除去|術前〜6日後〜1ヶ月後

【症例写真】バッカルファット除去(術後20日目)

まとめ|手術結果はドクターの技量次第

奥田宗央院長私たちの輪郭は、深いところから骨・筋肉・脂肪・皮膚の4つで成り立っています。

脂肪は、深いところにあるバッカルファットと、浅いところにある皮下脂肪の2種類があります。

バッカルファットはお口の中から、皮下脂肪は耳の後ろのくびれの位置から、小さな入り口をつけてアプローチします。

いずれも傷跡が目立つことはありません。

バッカルファットと皮下脂肪のどちらを選択すべきか、あるいは同時に行うべきかは、現在のフェイスラインの状態を拝見させて頂いたうえで適切にアドバイスしますので、どうぞお気軽に無料カウンセリングへお越しください。

手術の結果は執刀するドクターの技量で全てが決まりますので、決して「今ならお得な価格」「なんとかキャンペーン」などの宣伝には気をとられず、小顔・輪郭整形に特化した「銀座フェイスクリニック」へご相談ください。

東京銀座のクリニックで、皆様方のご来院をお待ちしています^o^

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。(その場合、せっかくフォーム送信して頂いても、こちらからの返信が届きません!)
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
ご来院回数
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
無料カウンセリング予約
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)

ご予約はこちら
友だち追加