チタンプレート|カットした骨をつなぐための道具|骨切り・骨削り手術

チタンとは

%e3%83%81%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88骨切り・骨削り手術でカットした骨をつなぐ際には、チタン製のプレート(留め具)で固定します。

チタン(独 Titan, 英 Titanium)は生体内での安定性がとても高い金属ですので、基本的に錆びたり腐敗したりすることがありません。

ですから、様々な医療器具の素材として利用されています。

例えば、歯が抜けたときに行うインプラント。

インプラントの土台(歯茎の骨に打ち込む部分)はチタンで出来ています。

その他、加齢などによって関節が痛んでしまったときに用いられる人工関節は、チタンでつくられています。

さらに、くも膜下出血を防ぐために脳動脈瘤の根元を遮断する手術(クリッピング)では、チタン製のクリップが使われています。

顔面骨格の骨切り・骨削り手術でも、このように安全性が高いチタン製のプレートを利用しています。

チタンプレートは抜去が必要か?

pixta_15227655_S のコピー1骨切り・骨削り手術から1年以上が経過していれば、チタンプレートの抜去が可能です。

ただし、チタンプレートは生体内での安定性がとても高いので、基本的に抜去する必要はありません。

むしろ抜去をご希望される場合は、せっかく回復したお傷にもう一度切り込むことになるので、新たなダメージが加わることになります。

ですから、チタンプレートを抜去するかどうかは、慎重に考えるべきです。

チタンプレートはレントゲンに写るか?
pixta_15227655_S のコピー 2

チタンプレートはレントゲンに写ります。

ただし、通常の会社の健康診断で、頭蓋顔面骨のレントゲンを撮影することはありません。

歯科では治療前にレントゲンを撮影しますので、担当の歯科の先生に尋ねられたら手術の内容をお伝えください。

医師・歯科医師など医療従事者には守秘義務がありますので、歯医者さんを通じて第三者に情報が漏れることはありません。

チタンプレートは空港のセキュリティゲートで引っかかるか。

pixta_15227655_S のコピー 3チタンプレートは、空港のセキュリティゲートで探知される(ブザーが鳴る)可能性があります。

ただし、空港によって探知機の感度を調整しているので(程よく下げている)、実際には、体内に埋め込まれたチタンによってブザーが鳴ることは、ほとんどないそうです。

テロ警戒地域などで探知機の感度を上げている場合にはブザーがなる可能性がありますが、その場合は警備員に「fractureしたからfixした」と説明すれば何の問題もありません。

チタンプレートは外から触れるか。

pixta_15227655_S のコピー 5専門家がじっくりと探るように触れば、「ここがチタンかな」という感触を得ることもあります。

しかし、一般の方にはまず分かりませんし、日常生活のなかで何らかの問題になることは無いでしょう。

吸収性プレートとの比較

pixta_15227655_S のコピー 4

やがて吸収されてなくなり、レントゲンに写らないということで、「吸収性のプレートは使えませんか」というご質問を頂くことがあります。

実物をご覧いただくと分かりますが、吸収性のプレートはチタンプレートと比べて分厚く、加工性に乏しいことが欠点です。

また固定力に乏しいため、骨切り・骨削り手術の固定には適していません。

チタンが入っていてもMRI検査を受けられるか

カウンセラーチタンプレートが入っていても、MRI検査は問題なくお受けになれます。

MRI検査の前には「体内に金属が入っている場合は検査を受けられないことがあります」と説明があります。

MRI は磁力を用いる検査であるため、磁石にくっつく金属が体内に入っている場合は、お受けになれない場合があるのです。

チタンは磁石にくっつかない金属ですから、全く支障なくMRI 検査を受けられます。

まとめ

奥田宗央院長顎削り(水平骨切り)・Vライン形成・頬骨削り(アーチインフアクチャー法)・セットバックなど、顔面骨格の骨切り・骨削り手術において、カットした骨をつなげる際に利用するチタンプレートについて解説いたしました。

チタンは生体にとって安全な金属である、ということがお分かりいただければ幸いです。

「エラを切りたい」「顎を短くしたい」「出っ歯やお口元のこんもり感を骨格から直したい」など、顔面骨格のお悩みがあって骨格レベルでの改善を希望するお客さまは、どうぞお気軽に小顔・輪郭整形の「銀座フェイスクリニック」の無料カウンセリングへお越しください。

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。(その場合、せっかくフォーム送信して頂いても、こちらからの返信が届きません!)
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
ご来院回数
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
無料カウンセリング予約
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)