上下セットバック|術後の固定について

上下セットバックとは?

pixta_6491403-7 のコピー上下セットバックとは、上下左右の4番目を抜歯してスペースをつくり、前歯6本分の歯茎の骨を後ろに下げる手術です。

セットバックは通称であり、正式にはASO(anterior segmental osteotomy:前方分節骨切り術)と言います。

出っ歯やお口元のこんもり感を解消する外科的な矯正手術のひとつです。

歯茎の中はチタンプレートで固定

pixta_15227655_S のコピー1上下セットバックでは、前歯6本分の歯茎の骨(歯槽骨:しそうこつ)後方に下げて、ベストな位置に固定します。

歯茎の中(外から見えない部分)での固定にはチタンプレートを用います。

チタンは安定性の高い安定した金属ですから、基本的に抜去する必要はありません。

チタンプレートについて詳しく知りたい方は、こちらのコラムをご覧ください。

歯茎の外側はワイヤーで固定

pixta_15227655_S のコピー 3歯茎の外側(外から見える部分)では、スチール製のワイヤーを用いて固定します。

抜歯した4番目の隙間を挟んで(こちらのスペースは術後2~3ヶ月ほど経過したらセラミッククラウンを用いて埋めていきます)、3番と5番目の歯の根元を8の字形にワイヤーでくくって固定しています。

お客様から「術後のワイヤーは目立ちますか?」というご質問を頂くことがありますが、「それほど目立ちません」とお答えしています。

実際のワイヤー固定の様子をお写真でご覧ください。

IMG_2352

IMG_2355

ワイヤー矯正装置より目立ちません

pixta_15227655_S のコピー 2歯の根元でワイヤー固定していますので、アングルワイダー(写真では薄いブルーのプラスチック)という唇を大きく広げる器具を用いてもこの程度しか目立ちません。

実際に日常生活をする中では、唇の端っこの方に微かに見えるか見えないか、という程度でしょう。

どちらかというと、抜歯した4番の隙間の方が目立つくらいです。

それこそ、ワイヤー矯正の装置と比べれば、ほとんど目立たないのではないでしょうか。

ワイヤーは2~3ヶ月したら外します

pixta_15227655_S のコピー 51ヶ月ほどでワイヤーを外してしまう施設もあるようですが、私見では、2〜3ヶ月固定しておいた方が安全性が高いと思います。

ワイヤーを外したら(外来で簡単に外せます)、提携している歯科で術後の治療を開始いたします。

術後の歯科治療の目的は【1】抜歯した4番目のスペースを埋めること、および新しい骨格に合わせて【2】前歯6本分の歯列を整えること、です。

セットバック後の歯列治療には、セラミッククラウンをお勧めしています。

理由としましては、ワイヤー矯正と比べて歯の形や大きさを自由に変えられるため、完成度が高いからです。

詳しくは、術後に歯科のスペシャリストをご紹介いたしますので、よく相談して方針を決めるようにして下さい。

まとめ

奥田宗央院長お口元を整えて、出っ歯やこんもり感を解消する「上下セットバック(ASO)」。

術後のワイヤー固定について、実際の症例写真をお見せしながら、説明させて頂きました。

お口元のお悩みを抱えていて、骨格レベルでの改善を希望されるお客様は、どうぞお気軽に銀座フェイスクリニックの無料カウンセリングへお越しください。

クリニックでお待ちしています^o^

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目(*は必須項目)を入力して「確認する」ボタンを押してください。

【注意】
➡︎ i.softbank.jp や携帯電話の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定がされているケースが多いようです。(その場合、せっかくフォーム送信して頂いても、こちらからの返信が届きません!)
➡︎ フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com )もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

お名前
ご性別の確認
生年月日
もしくはご年齢でもOKです!
ご来院回数
メールアドレス
電話番号
住所
(都道府県のみでもOKです。)
無料カウンセリング予約
(複数回答可)
カウンセリング希望日
(ご予約希望の場合)
希望時刻
(なるだけご希望に近い時間帯で予約をおとりします。)
フリー入力欄
(ご自由にお書き下さい。)

ご予約はこちら
友だち追加