エラ削り・顎削りなどの美容整形施術で小顔を目指すなら、東京の銀座フェイスクリニックへ。多くの施術経験をいかし、理想の輪郭を実現します。

MENU

涙袋形成|ヒアルロン酸注入

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)のトップバナー

涙袋形成とは?|銀座フェイスクリニック

ちょこっとヒアルで「今どき涙袋」

涙袋形成(ヒアルロン酸)のイメージ画像東京銀座の美容整形「銀座フェイスクリニック」では、涙袋形成(ヒアルロン酸注入)も得意としています。

当院では、Sweden 製の高品質ヒアルロン酸(レスチレンビタールライト)を注入して涙袋をつくります。

ヒアルロン酸の注入量は、両側あわせて0.1〜0.4cc程度です。(ご希望と状態に合わせて量を調整します。)

涙袋ができると、目が大きく見えたり、優しい表情になったり、などのメリットがあります。

涙袋へのヒアルロン酸注入は、France 製のマジックニードルという特殊な針を使用します。

ですから、ほとんどの場合、腫れや内出血は目立ちません。

涙袋形成|症例写真

私奥田が手がけた涙袋形成(ヒアルロン酸)の症例写真(Before→After)をご覧ください。

以下は全て、実際に当院(銀座フェイスクリニック)でおこなった涙袋形成の症例写真です。

症例写真は、施術による変化の一例であり、全てのお客様に同等の効果をお約束できるものではありません。

また、施術費用やリスクについては、当頁内に記載がございますのでご覧ください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真1

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-1右側に0.17cc、左側に0.2ccのヒアルロン酸を注入しました。

レスチレンビタールライトには、SKINBOOSTER という装置が付いているため、0.01cc単位での微量注入が可能です。

上段が施術前、中段が施術直後、下段が9日後のお写真です。

マイクロカニューレ(マジックニードル)を使用しているため、腫れや内出血は直後でもほとんど目立ちません。

涙袋が出来ると、目元がふわりと優しい印象になって、少し目も大きく見えますね。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真2

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-2「目元の印象がキツイ感じがする」というお悩みを抱えているお客様は、少なくないでしょう。

ヒアルロン酸による涙袋形成で、少しタレ目効果が出ますので、そういった目元がソフトな印象になります。

こちらのお客様は当院の常連様で、とってもお人柄の良い素敵な女性ですが、施術前(上段)は切れ長の目尻によって、ややクールな印象に見えました。

少量のヒアルロン酸を注入することによって、施術後(下段)は、目元がソフトで優しい印象に変化しました。

SKIN BOOSTER を用いて、右側に0.14cc、左側に0.23cc のヒアルロン酸を注入しました。)

「目元がきつい」というお悩みを抱えている方は、ぜひ一度、銀座フェイスクリニックへご相談ください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真3

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-3「もともと涙袋はあるのだけれど」という場合も、ちょこっとだけヒアルロン酸を足すと、チャームポイントになります。

こちらのお客様の場合、 Sweden 製の高級ヒアルロン酸 レスチレンビタールライトを片側0.2cc ずつ注入しました。

美容整形はコンプレックスを解消するばかりでなく、長所をさらに磨くためにも有効です。

涙袋を自慢のチャームポイントにしたいお客様は、ぜひご相談ください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真4

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-4こちらのお客様も、元からとても綺麗な目のかたちでしたが、涙袋をつくって「もっと目元を優しい印象にしたい」とのご希望でした。

ご本人曰く、少し吊り目気味であったため、クールで冷たい印象に見られることが多かったようです。

レスチレンビタールライトを0.15ccずつ注入して涙袋をつくってみると、ご覧のとおり、タレ目効果で目元が優しい印象になりました。

同じようなお悩みを抱えていたら、ぜひ銀座フェイスクリニックにお越しください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真5

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-5-1涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-5-2

こちらのお客様は、左右にそれぞれ0.2ccずつレスチレンビタールライトを注入ました。

クリニックからお客様への伝達不足で、術前はノーメイク、術後はメイクありでの写真撮影になってしまいましたが、涙袋の変化を見るには支障なかろうとの考えで掲載させて頂きました。

ご覧のように、もともと目が大きいお客様も、ヒアルロン酸で涙袋をつくると優しい目元になって、さらに女性らしさがアップします。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真6

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-6

お客様の希望通り、元のかたちを崩さないように少量のレスチレンビタールライトを注入して、涙袋を整えました(右0.18㏄、左0.2㏄)。

Before(上段)は少しツリ目な印象ですが、After(施術後10日目)をみると、涙袋が強調されることによって、ソフトで優しい印象の目元になりました。

涙袋形成とあわせて、少し鼻根部にもヒアルロン酸を注入しました。(ジュビダームビスタ・ボリューマXC 0.3㏄)

鼻根部へのヒアル注入により、鼻筋をすっきりさせて、目と目の間が離れたように見えるバランスを改善しました。

このようにナチュラルな効果を出すためには、ヒアルロン酸の注入量や注入ポイントのデザインが大切です。

*ジュビダームビスタ・ボリューマXCについての詳細は、こちら(https://ginza-face.net/voluma-xc/)をご覧ください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真7

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-7「コンプレックスを解消すること」だけが美容整形の目的ではありません。

「長所をさらに伸ばす」ことも、美容整形の醍醐味です。

こちらのお客様は、もともとキレイなアーモンド形の目をしていらっしゃいましたが、ヒアルロン酸で涙袋をつくることによって、優しくてキュートな目元になりました。

コンプレックスを解消したい方も、長所をさらに伸ばしたい方も、銀座フェイスクリニックにご相談ください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真8

涙袋形成ヒアルロン酸の症例写真-8こちらは他院修正症例です。

こちらのお客様は、他院でヒアルロン酸をお受けになりましたが(上段)、おそらくヒアルロン酸の選択と注入部位にミスマッチがあったものと思われます。

涙袋というより、目の周りが腫れぼったく見えてしまっている状況でした。

そのままヒアルロン酸を追加注入しても、きれいな涙袋をつくることはできませんので、いったんヒアルロン酸溶解注射でリセットしてから、当院で涙袋ヒアルロン酸を再注入いたしました(下段)

ご本人の希望通り、しっかり強調された涙袋になって、とても喜んで頂くことができました。

* ヒアルロン酸溶解注射と再注入を同日に行うことはできません。中3日以上あけて再注入いたします。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真8

涙袋ヒアルロン酸|注入直後の写真先日、以下のメッセージ(ご質問)を頂きました。

「奥田先生、初めまして!私は北海道在住ですが、こんど旅行で東京へ行くので、その際に奥田先生に涙袋ヒアルをお願いしたいです。直後の腫れは目立ちますか!?」

ご質問に対する回答として、こちらのお写真を掲載しておきます。

両側に0.15㏄ずつ涙袋ヒアルロン酸を注入した直後の写真です。

当院ではマイクロカニューレ(フランス製マジックニードル)を使用いたしますので、直後でも腫れはこの程度で済むことがほとんどです。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真9

もともと目がパッチリしているお客様でも、少量のヒアルロン酸を注入して涙袋をつくると、さらに目元のバランスが整って魅力的になります。

ヒアルロン酸を注入する際に大切なことは、注入部位に適したヒアルロンを選択すること。

私見ですが、涙袋形成には、レスチレンビタールライトがベストと考えています。

また、おひとりおひとりの状態に合わせて、注入量や部位を微調整すること。

レスチレンビタールライトには、SKIN BOOSTER(0.01ccずつの微量注入が可能な装置)が搭載されていますので、繊細なコントロールが可能です。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真10

涙袋とは、笑ったときにできる眼輪筋の力こぶです。

ですから、「目元の印象がキツイ」ことがお悩みの場合、ヒアルロン酸で涙袋をつくってあげると、スマイリーで優しい印象になります。

「あ!」と思い当たったお客様は、ぜひ一度ご相談ください。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真11

涙袋ヒアルロン酸の症例写真(BeforeAfter)

① 施術前メイクあり: メイクで涙袋を書いていました。

② 施術前メイクなし: メイクを落とすと涙袋がありません。

③ 涙袋ヒアル注入直後: 片側0.27ccずつヒアルロン酸を注入しました。もうメイクで涙袋を書かなくても大丈夫です。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真12

こちらのお客様は涙袋の左右差がお悩みでした。

右側(向かって左)のみ、涙袋にヒアルロン酸(0.13cc)を注入して左右差を解消しました。

涙袋ヒアルロン酸の症例写真13

涙袋ヒアルロン酸|症例写真13(正面)

こちらのお客様は、若干つり目がちで、やや冷たい印象に捉えられてしまうことがお悩みでした。

左右の涙袋に、ヒアルロン酸(レスチレンビタールライト)を0.17ccずつ注入いたしました。

つり目がちな印象を和らげるように、やや目尻側が膨らむようなデザインにしました。

目元の印象がソフトになりましたね。

なお当院では、ご本人に鏡でチェックして頂きながら、少しずつ注入量を増やして仕上げるようにしています。

 

涙袋をきれいに仕上げるポイント

1.ヒアルロン酸の選択

涙袋形成に用いるヒアルロン酸(レスチレンビタールライト)

当院では、Restylane Vital Light(レスチレンビタールライト)というヒアルロン酸を使用しています。

レスチレンビタールライトは、Sweden にある Q-med 社で開発されたヒアルロン酸です。

ソフトタイプのヒアルロン酸の定番であり、涙袋や唇などへの注入に適しています。

レスチレンビタールライトには、SKINBOOSTER(スキンブースター)と言って、0.01cc ずつの微量注入が可能な装置が備え付けられているので、繊細な注入コントロールが可能です。

注入する部位によってどのようなヒアルロン酸を選択するかは、仕上がりのクオリティを大きく左右する重要なポイントです。

2.マイクロカニューレを使用

涙袋形成に用いるマイクロカニューレ

ヒアルロン酸を注入する際には、マイクロカニューレと呼ばれる針を利用します。

当院では、France 製のマジックニードルという商品を採用しています。

マイクロカニューレは先端が丸いので、注射に伴う腫れや内出血を最小限におさえます。

また、均一な深さにヒアルロン酸を注入できるので、きれいなかたちに仕上がります。

3.痛みをしっかり和らげること

涙袋形成に用いる笑気麻酔

涙袋へのヒアルロン酸注入は、比較的痛みを伴いやすい施術です。

笑気麻酔局所麻酔テープの使用によって(併用可能)、なるだけ痛みを抑えるようにした方が、お客様が施術を受けやすくなります。

また、余計な力が抜けることにより内出血が減って、かたちもきれいに仕上がります。

痛みの感じ方には個人差がありますのでオプション(希望者のみ)としていますが、なるだけ笑気麻酔か局所麻酔テープの両方、少なくともどちらかを使用することをお勧めします。

 

涙袋ヒアルロン酸のリスク・副作用

当院では、メリットだけでなく、リスクもしっかりお伝えしています。

内出血

注射部位に内出血(青タン)が発生することがあります。

内出血は、1~2週間ほどかけて少しずつ薄くなって消失します。

その間はメイクで隠してください。

マイクロカニューレの使用により、内出血の頻度や程度を軽減させることが可能です。

メイクで隠せないほどの内出血が出現する可能性は1%程度です。

アレルギー

ヒアルロン酸の構成成分や、ヒアルロン酸に含まれる局所麻酔剤(キシロカイン)にアレルギーがある場合は、注射部位の赤みや痒みを生じる可能性があります。

なお、アレルギーがない場合でも、注入直後には若干の赤みや違和感が発生することはあります。

ご心配な場合はクリニックへご連絡ください。

感染

注射の針穴から皮膚の常在菌が入り込んでしまうと、感染をきたす可能性があります。

感染した場合には抗生物質で治療しますが、いったんヒアルロン酸を溶かさないと治らないケースもあります。

注射後、数日してから腫れ・赤み・痛みなどが増強してきた場合には感染の可能性がありますので、クリニックへご連絡ください。

血管塞栓

ゼリー状のヒアルロン酸が血管に入り込んで、血管に詰まってしまうことを血管塞栓といいます。

涙袋ヒアルロン酸で血管塞栓をきたす可能性を極めて稀ですが、ゼロと言い切ることは出来ません。

 

涙袋形成|価格表(税別)

施術価格(マイクロカニューレ含む)

注入量によらず 34,800円

* おひとりおひとりのご希望と状態に合わせて量を決めていきます。(平均0.1〜0.4cc)

追加注入(希望者のみ)|上記から2週間以内

ヒアルロン酸
3,900円/0.1cc
マイクロカニューレ
(必須)
2,000円

* 初回注入から2週間過ぎた場合は、再注入の扱いにはなりません。

麻酔(希望者のみ)

局所麻酔テープ
(3cm x 5cm)
1,000円/1枚
笑気麻酔 2,000円

 

ご予約はこちらから|銀座フェイスクリニック

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

LINE@からのご予約(24時間受付中)

LINEの 🔍 @xft1406W を検索して、トークでメッセージを送ってください。

✴︎スマホのお客様はこちらをクリック→ line.me/R/ti/p/%40xft1406w

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目を入力して「送信」ボタンを押してください。

◾️スマホ・携帯の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定により、こちらからのメールが届かないことがあります。
◾️フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com)もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

ご性別 (必須) *当院は女性のお客様専用です。
女性

当院受診歴 (必須)
初診再診

ご相談内容(複数回答可) (必須)
涙袋形成(ヒアルロン酸)その他の相談も一緒にしたい

ご希望時刻(複数回答可) (必須)
11:0011:3012:0012:3013:0013:3014:0014:3015:0015:3016:0016:3017:0017:3018:0018:3019:00

上記必要項目を入力後に「送信」ボタンを押してください。

小顔整形・輪郭整形専門のクリニック

クリニックDATA
クリニック名称 銀座フェイスクリニック
診療科 美容外科・美容皮膚科
診療内容 【小顔・輪郭整形】
■ 骨切り・骨削り手術 (エラ削り・顎削り・Vライン形成・頬骨削り・口元のセットバック)
■ 頬や顎下の脂肪吸引
■ バッカルファット除去
■ 脂肪溶解注射(BNLS)
■ 咬筋縮小注射
■ ヒアルロン酸注入
■ 糸のリフト(スレッドリフト)
■ 医療レーザー脱毛(MedioStar NextPro)
住所 〒104-0061 中央区銀座7-11-6 GINZA ISONOビル 4F
最寄駅 銀座駅・東銀座駅・新橋駅
電話番号 03-6274-6309 (診療日の11〜20時)
定休日 不定休

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-6309 お電話受付 11:00 - 20:00 [不定休]


クリニック公式FBページ


院長奥田宗央の Instagram

友だち追加
LINE@からもご予約可能です。

PAGETOP
Copyright © 銀座フェイスクリニック All Rights Reserved.