エラ削り・顎削りなどの美容整形施術で小顔を目指すなら、東京の銀座フェイスクリニックへ。多くの施術経験をいかし、理想の輪郭を実現します。

エラ削り後の過ごし方

  • HOME »
  • エラ削り後の過ごし方

安心して小顔整形を受けていただけるよう、エラ削り整形後の過ごし方をご紹介いたします。

小顔整形でエラ削りした後、おすすめしたい日常生活の過ごし方について

飲食について

小顔整形でエラ削りした直後は、お口の中にお傷がありますので(約2週間ほどかけてお傷は安定状態になります)、粉状のものやペースト状のものなど、お傷に詰まりやすい形状の食べ物は避けるようにして下さい。顎関節に負担がかからないよう、硬い食べ物も避けるようにしましょう。
また、術後はしばらくお口周りの感覚が鈍くなりますので、感覚が戻ってくるまでの期間は、熱い食べ物や冷たい食べ物は避けるようにして下さい。

入浴について

入浴について

エラ削り後の腫れは術後10〜14日間ほどかけて少しずつ改善しますが、ダウンタイムは腫れを悪化させない過ごし方を心がけていれば、特に大きな心配はありません。

気になるご入浴の件ですが、シャワーや洗髪、洗顔は基本的には行っていただいて問題ありません。ただ、腫れが生じている間は湯船に浸かるのを控えるのが一般的です。

腫れの状態やダウンタイムの過ごし方に不安がありましたら、お気軽に銀座フェイスクリニックへご相談ください。

小顔整形のエラ削り後の安心に繋がるアフターケア

小顔整形のエラ削り後の安心に繋がるアフターケア

小顔整形のエラ削り後は、ダウンタイムに対してのアフターケアに気を配ることで、順調な術後の経過を見込むことができます。

内出血は、時間とともに皮膚の下に溜まっている血液が吸収されて綺麗に治りますので、自然解消を待っていただいて構いません。内出血がどうしても気になるという場合には、腫れがひいた後であれば、温めることで内出血の早期解消を図ることができます。

また、細かいことではありますが、銀座フェイスクリニックではお客さまの安全・笑顔を守るため、エラ削り後の数週間喫煙は控えることをおすすめします。喫煙そのものが口内に与える刺激の他に、「吸う」という動作が傷口に響くことが予想されます。

小顔整形でエラ削りをお考えの方は、完全予約・完全個室の銀座フェイスクリニックにご相談ください。日本最大手の美容外科で7年副院長を経験した銀座フェイスクリニック院長の奥田を中心に、「小顔になりたい」という方を全力で応援する美容整形専門のクリニックです。名医と呼んでいただき、信頼を寄せていただいてきたお客さまの声を直に聴けるよう、小顔・輪郭整形の専門クリニックを開院しました。クリニックを覗きに来るだけで構いませんので、値段が気になる、追加料金の有無を確認したい、一度話を聞いてみたいという方はお気軽にお立ち寄りください。

< エラ削り整形は小顔・輪郭整形に特化した銀座フェイスクリニックへ >

クリニック名 銀座フェイスクリニック
住所 〒 104 – 0061
中央区銀座 7- 11-6 GINZA ISONO ビル 4F
TEL 03-6274-6309
URL http://ginza-face.net/

お役立ちコラム

クリニックDATA
クリニック名称 銀座フェイスクリニック
診療科 美容外科・美容皮膚科
診療内容 【小顔・輪郭整形】
■ 骨切り・骨削り手術 (エラ削り・顎削り・Vライン形成・頬骨削り・口元のセットバック)
■ 頬や顎下の脂肪吸引
■ バッカルファット除去
■ 脂肪溶解注射(BNLS)
■ 咬筋縮小注射
■ ヒアルロン酸注入
■ 糸のリフト(スレッドリフト)
■ 医療レーザー脱毛(MesioStar NextPro)
住所 〒104-0061 中央区銀座7-11-6 GINZA ISONOビル 4F
最寄駅 銀座駅・東銀座駅・新橋駅
電話番号 03-6274-6309 (診療日の11〜20時)
定休日 不定休

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6274-6309 お電話受付 11:00 - 20:00 [不定休]

友だち追加

小顔・輪郭コラム

続きを表示

医療レーザー脱毛専用サイト

症例写真集

LINE@からもご予約可能です。LINE@限定企画なども行なっていますので、お気軽に友だち追加してください。
友だち追加
PAGETOP
Copyright © 銀座フェイスクリニック All Rights Reserved.