【症例写真】Vライン形成(術後2ヶ月半)|40代後半での骨削り手術

術式

Vラインデザイン

Vライン形成 (エラ〜オトガイにかけての骨削り手術)

■ オトガイ削り(垂直骨切り&中抜き10mm + オトガイ先端を6mm後方へ移動)

■ エラ削り(広範囲下顎角形成・外板削り)

症例写真

症例写真は、手術による変化の一例であり、全てのお客様に同等の効果をお約束できるものではありません。

また、施術費用やリスクについては、当頁内に記載がございますのでご覧ください。

Before After(術後2ヶ月半)
術前_正面 術後2ヶ月半_正面
術後前_左斜め 術後2ヶ月半_左斜め
術前_右側面 術後2ヶ月半_右側面

術後の腫れの経過はこちら

症例写真の解説

奥田宗央院長こちらのお客様は 47 歳のお客様です。

何十年間、ずっとフェイスラインのお悩みを抱えていましたが、結婚・出産・子育てなどがあり、なかなか手術を受けるタイミングが得られなかったということでした。

一般的に、35歳を超えてからの骨削り手術では、術後に皮膚のあまりが残りやすいと言われています。

こちらのお客様の場合、40代後半になってからの手術ですので、骨削り手術によって「フェイスライン(骨格)が改善するメリット」よりも、術後に「皮膚のあまりが残ってしまうデメリット」の方が大きく出てしまう可能性があることをご説明しましたが、お客様の決意が揺るがなかったため、骨削り手術(Vライン形成)のご依頼を承りました。

お写真をご覧いただくと分かる通り、結果的には、ほとんど皮膚のあまりを残すことなく、手術の結果に満足していただくことが出来ました^o^

骨を削ると皮膚が余ってしまうリスクがある。

pixta_15227655_S のコピー 5「骨を削る」「骨を切る」とは「骨を小さくする」ことです。

骨を小さくすれば「皮膚のあまり」が発生しますが、術後3ヶ月〜半年ほどかけて、小さくなった骨めがけて少しずつ皮膚がフィットしていきます。

ただし、手術を受けた全てのお客様で良好なフィットが得られるわけではなく、

◽️ ポッチャリしている方(脂肪が多い方)

◽️ 35歳を超えてから手術を受ける方

では、フィット力が低下してるため、皮膚のあまりが残りやすいと言われています。

「骨が小さくなってフェイスラインが改善するメリット」と「皮膚のあまりが残ってしまうデメリット」のどちらが勝つか、

術後3ヶ月ほど経ってみないと最終的な答えが出ませんが、

手術を受けるかどうかはメリットだけでなくデメリットについても考慮に入れたうえで決断すべきです。

40代での骨削り手術は避けるべきか!?

pixta_15227655_S のコピー 440代での骨削り手術は、20代と比べてしまえば、皮膚のあまりが残りやすいハイリスク群と言えます。

だったら骨削り手術は避けるべきか?

カウンセリングでそのようなご質問を頂いた場合、私は「それはお客様の考え方次第です」とお答えしています。

確かに骨を削れば、「皮膚のあまり」が宿題として残る可能性があります。

そのような宿題が残ったとしても、お客様にとって「骨格が改善するメリット」の方が勝るのであれば、手術を受けて良かったと言えるでしょう。

ただし、デメリットを受け入れられないお客様の場合は、骨削り手術は慎重に考えるべきです。

お客様がリスクをとることを選択なさった場合には、なるだけデメリット事項の発生が少なくなるように工夫しながら、「全力」で手術することをお約束いたします。

Vライン形成手術|術後のリスク・副作用

当院では、メリットだけでなく、リスクもしっかりお伝えしています。

術後の腫れ

Vライン形成術後には、しばらくの間、手術部位を中心に強い腫れが発生します。

腫れのピークは術後3日間くらいで、その間は腫れが軽快することなく、むしろ浮腫みなども伴ってやや腫れが増えて見えることも珍しくありません。

ピークを過ぎると、日毎に腫れは落ち着いていきます。

術後1週目だと、マスクをすれば問題なく隠せる程度には改善しますが、まだまだマスクをしないと腫れが目立ちます。

術後2週間くらい経過すると、マスクを外しても、ほとんど腫れは目立たなくなります。

その後、小さくなった骨格めがけて、2~3ヶ月くらいかけて少しずつ皮膚がフィットして、完成に近づいていきます。

ただし、フィット力には個人差があるため、うまくフィットしない場合はたるみが残る可能性があります。

たるみが残った場合には、リフトアップ・脂肪吸引・脂肪溶解注射などで治療します。

術後の痛み

痛みの程度は、腫れの大きさとほぼ比例しますので、最初の3日間くらいはややしんどいかと思います。(鎮痛剤を処方いたしますので、そちらで凌いでください。)

3日間くらいのピークを過ぎると、日毎に少しずつ痛みは軽快し、術後2週間くらい経つと、ほとんど気にならないレベルに落ち着きます。

感覚低下

Vライン形成術後には、しばらくの間、下顎〜唇にかけて感覚が低下します。

感覚低下は、術後日が経つにつれて少しずつ回復して、平均3ヶ月〜半年ほどかけてほとんど気にならないレベルにおさまります。

感染・血腫・縫合不全

Vライン形成術後のリスクとして、手術部位の感染や血腫が発生する可能性があります。(1%程度)

感染とは手術部位に細菌が入り込んで化膿してしまうことであり、血腫とは手術部位に自然吸収される許容範囲を超えて血液が溜まってしまうことです。

感染や血腫が発生すると、通常(約2週間)よりも腫れが長引いてしまったり、診察のために通院する日数が増えたりします。

いずれの場合も、軽度であればお薬を飲んで頂きながら経過を見ているうちに軽快しますが、程度が強かったり長引いたりすると、お傷が開いてしまう可能性があります。

そのようにお傷が開いてしまうことを縫合不全(ほうごうふぜん)と言います。

縫合不全を来たした場合は、お傷の洗浄などをしないと回復しないことがあり、さらに通院日数が増えてしまいます。

睡眠不足や栄養不足などがあると抵抗力が弱り、感染や血腫などが発生しやすくなりますので、術後はしっかり休養をとるように努めましょう。

顔面神経麻痺

稀に(0.1%程度)、術後に顔面神経麻痺をきたす可能性があります。

顔面神経麻痺とは、左右どちらかの表情筋の動きが鈍くなってしまい、そのため表情の左右差が出ている状態です。

発生した場合の治療方法は、ビタミンB12製剤およびATP製剤の内服と、お顔を動かすリハビリです。

回復までの期間は、平均3ヶ月〜半年くらいかかります。

Vライン形成の価格(税別)

手術にかかる総額(手術+麻酔+検査代金)

通常価格 2,128,000円
目隠しモニター
(要審査)
1,728,000円
全顔モニター
(要審査)
1,228,000円

計算方法

通常価格 1,898,000円
目隠しモニター
(要審査)
1,498,000円
全顔モニター
(要審査)
998,000円
全身麻酔 150,000円
必要な術前検査
CT
30,000円
3D骨格モデル
35,000円
血液検査
15,000円
*当院は自由診療クリニックですので、健康保険証は利用できません。

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

LINE@からのご予約

LINEの 🔍 @xft1406W を検索して、トークでメッセージを送ってください。

✴︎スマホのお客様はこちらをクリック→ line.me/R/ti/p/%40xft1406w

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目を入力して「送信」ボタンを押してください。

◾️ドメイン指定や迷惑メール設定により、こちらからのメールが届かないことがあります。(とくにスマホ・携帯)
◾️フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com)もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

ご性別 (必須) *当院は女性のお客様専用です。
女性

当院受診歴 (必須)
初診再診

ご相談内容(複数回答可) (必須)
エラ削りのご相談顎削りのご相談Vライン形成のご相談頬骨削りのご相談口元セットバックのご相談その他の相談も一緒にしたい

ご希望時刻(複数回答可) (必須)
11:0011:3012:0012:3013:0013:3014:0014:3015:0015:3016:0016:3017:0017:3018:0018:3019:00

上記必要項目を入力後に「送信」ボタンを押してください。