お顔の脂肪吸引(頬・顎下・頬骨上)|トップ画像

頬の脂肪吸引+バッカルファット除去

頬っぺたには2種類の脂肪があります。

pixta_15227655_S のコピー1頬っぺたには、2種類の脂肪があります。

浅いところにある①皮下脂肪と、深いところにある②バッカルファットです。

皮下脂肪は「頬の脂肪吸引」や「脂肪溶解注射(BNLS neo/MLM/FatXなど)」で減らします。

バッカルファットは「バッカルファット除去手術」で減らします。

バッカルファット除去手術は、除去という言葉を省略して、そのままバッカルファットと呼ばれることも多いです。

脂肪吸引とバッカルファット除去手術の手術の違いについては、こちらのコラムにまとめてありますので、ご覧ください。

今回のコラムでは、頬の脂肪吸引とバッカルファット除去を同時に行った症例の Before → After をご覧いただきます。

症例写真|頬の脂肪吸引+バッカルファット除去

症例写真は、手術による変化の一例であり、全てのお客様に同等の効果をお約束できるものではありません。

また、施術費用やリスクについては、当頁内に記載がございますのでご覧ください。

Before After(術後1ヶ月)
0913_%e8%a1%93%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc 1015_%e8%a1%93%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

奥田院長コメント

奥田宗央院長こちらのお客様は、「スマートですっきりしたフェイスラインになりたい」というご希望でご相談へいらっしゃいました。

ご相談の結果、頬の脂肪吸引とバッカルファット除去手術を同時に行う方針となりました。

ご本人としては、左側(向かって右側)の方が右側(向かって左側)よりも量が多い、とのことでしたので、左側(向かって右側)の頬っぺたの吸引量を多めにしました。

手術の結果にはご満足して頂いており、手術前の脂肪のボリュームが多くありませんので、Before → After で決して劇的な変化ではありませんが、お顔の内側寄りから外側寄りにかけて全体的にひとまわりスッキリした様子は、写真からも確認して頂けるのではないかと思います。

私たち「銀座フェイスクリニック」は、エラ削り・顎削り・Vライン形成・頬骨削り・口元のセットバックなどの骨切り・骨削り手術を何より得意としております。

同時に、頬の脂肪吸引やバッカルファット除去などの小顔・輪郭整形にも積極的に取り組んでおりますので、「小顔になりたい」「輪郭を整えたい」などの希望があれば、どうぞお気軽にご相談ください。

ご予約はこちらから↓LINE@からもご予約可能です。
友だち追加

お顔の脂肪吸引|経過とリスク

当院では、メリットだけでなく、リスクもしっかりお伝えしています。

腫れ・内出血

脂肪吸引手術後には、腫れと内出血は必発です。

当日〜翌日にかけては、とくに強く腫れますので、マスクができる職場であってもお休みをとった方が無難でしょう。

腫れや内出血は、術後1〜2週間くらいかけて目立たなくなりますので、その間はマスクやメイクでカバーしてください。

皮膚の拘縮・感覚低下

手術後に皮膚が固くこわばることを「拘縮(こうしゅく)」と言います。

脂肪吸引手術後には、しばらく拘縮が発生します。(拘縮の程度には個人差があります。)

術後1ヶ月目くらいをピークに、拘縮は少しずつ解除されていきます。

3ヶ月〜半年くらいかけて、少しずつ皮膚は柔らかくなります。

術後、腫れや痛みが落ち着いてからマッサージをするようにすると、拘縮の回復は早まります。

拘縮に伴って、しばらく皮膚の感覚が低下することもありますが、こちらも通常3ヶ月〜半年くらいかけて改善します。

皮膚の凸凹

勢いあまって脂肪を吸引しすぎると、術後に皮膚の凸凹を残す可能性があります。

凸凹を避けるために、術前にしっかりデザインをしてから、ゆっくり丁寧に脂肪を吸引します。

ドクター・クリニックは慎重に選びましょう。

感染・血腫

稀に(0.1~1%程度)、術後に感染や血腫をきたす可能性があります。

感染とは、傷口から皮膚の常在菌が入り込んで、化膿してしまった状態です。

血腫とは、手術部位に大量に血液がたまって腫れ上がってしまう状態です。

感染が発生した場合は、抗生物質で治療します。

血腫は、保存的に吸収を待つことが多いですが、針で血抜きの処置をした方がいい場合もあります。

体力・免疫力が落ちていると、感染や血腫は発生しやすくなるので、術前後はしっかり休養をとるようにしましょう

顔面神経麻痺

ごく稀に(0.1%未満) 、術後にお顔の動きの麻痺(顔面神経麻痺)をきたす可能性があります。

左右の唇が非対称的に動きますので、外から目立ってしまい、治るまでマスクで隠さなければなりません。

回復までの期間は、症状の強さにより異なりますが、平均3ヶ月〜9ヶ月ほどかかります。

治療はビタミンB12製剤の内服とご自宅です。

なお、術直後に局所麻酔の影響で顔面神経麻痺が出ることがあります。

こちらは一過性のもので、局所麻酔が切れると6~12時間ほどで麻痺は改善します。

ご予約はこちらから↓LINE@からもご予約可能です。
友だち追加

参考ページ|脂肪吸引とバッカルファットの違い

【Q&A】頬の脂肪吸引とバッカルファット除去の違いを教えて下さい。

価格表(税別)

「モニター」とは、手術前後の経過写真を提供して頂けるお客様のことです。

モニターでお受け頂けるか否かは、現在の状態を拝見してから判断させて頂きます。

お顔の脂肪吸引

通常価格
顎下 or 頬骨上
298,000円

398,000円
頬+顎下
498,000円
目隠しモニター
(要審査)
顎下 or 頬骨上
248,000円

298,000円
頬+顎下
398,000円
全顔モニター
(要審査)
顎下 or 頬骨上
198,000円

248,000円
頬+顎下
298,000円
静脈麻酔
(必須)
50,000円

バッカルファット除去

通常価格 348,000円
目隠しモニター
(要審査)
248,000円
全顔モニター
(要審査)
148,000円
静脈麻酔
(必須)
50,000円

ご予約はこちらから

お電話でのご予約

03-6274-6309
(電話受付:診療日の11〜20時)

LINE@からのご予約

LINEの 🔍 @xft1406W を検索して、トークでメッセージを送ってください。

スマホのお客様はこちらをクリック→ line.me/R/ti/p/%40xft1406w

ご予約フォーム(24時間受付中)

以下の項目を入力して「送信」ボタンを押してください。

◾️スマホ・携帯の場合、ドメイン指定や迷惑メール設定により、こちらからのメールが届かないことがあります。
◾️フォーム送信後に自動返信メールが届かない場合には、スマホ・携帯の設定を変更してから再びフォームへ入力するか、メール(ginza.face2016@gmail.com)もしくはお電話(03-6274-6309)にてご連絡ください。

ご性別 (必須) *当院は女性のお客様専用です。
女性

当院受診歴 (必須)
初診再診

ご相談内容(複数回答可) (必須)
お顔の脂肪吸引(通常価格)お顔の脂肪吸引(目隠しモニター)お顔の脂肪吸引(全顔モニター)バッカルファット(通常価格)バッカルファット(目隠しモニター)バッカルファット(全顔モニター)その他の相談も一緒にしたい。

ご希望時刻(複数回答可) (必須)
11:0011:3012:0012:3013:0013:3014:0014:3015:0015:3016:0016:3017:0017:3018:0018:3019:00

上記必要項目を入力後に「送信」ボタンを押してください。